ファインナンシャルプランナー(FP)の難易度を検証

試験内容

まず、試験を受けるにあたって、言っておきたいことは、「そんなに簡単な試験じゃない。甘くみちゃダメよ」ということ。私も勉強を始める前に、先輩方に言われたわ。
ファイナンシャルプランナー(FP)試験は、どんな試験形式なのか、どんな科目が出題されるのか、まずは試験内容について、説明するわ。

<試験内容>
1月・5月・9月の年3回で、
科目は「学科」と「実技」

【学科試験】
出題形式⇒筆記(マークシート形式) 60問 択一式
※各問題の解答を4つの中から1つ選ぶ
試験時間⇒120分
合格基準⇒36点以上(60点満点)

科目 出題数
ライフプランニングと資金計画 10問
リスク管理 10問
金融資産運用設計 10問
タックスプランニング 10問
不動産 10問
相続・事業継承 10問

【実技試験】
出題形式⇒筆記(記述式)40問
※提案設計。事例や計算式(実務に近いもの)が多い
試験時間⇒90分
合格基準⇒60点以上(100点満点)

科目 出題数
FP総論 2問
金融資産運用設計 4問
不動産 3問
リスク管理 4問
タックスプランニング 3問
相続事業・継承 3問
ライフプランニング・総合問題 21問

ファイナンシャルプランナー(FP)は、きちんと勉強すれば、誰でも合格できる試験だけど、この道に詳しい金融業界の現役社員でさえも、落ちる人はたくさんいる。
学科の試験科目は全6科目。試験の範囲は広く、自分の専門分野だけを勉強しても、もちろん合格はできない。6科目をまんべんなく勉強していなければ受からないのだ。そして、学科試験よりも難しいと言われているのが実技試験。提案設計や事例、計算式など、より実務に近いものが出題される。

いくら仕事ができるベテランでも、試験の勉強をしなければ合格はできないし、新入社員でもしっかり勉強をしていれば、受かる可能性がある。だからこそ、ファイナンシャルプランナー(FP)の受検層は多様 なのだ。

ちなみに、仕事帰りにいつも飲み歩いていて、遊び人の上司は、入社して4年経った今でも、まだ合格はしていない。試験勉強はそれなりにやらなきゃ、絶対に合格できないってことなんだよね。

次のページへ ››

メニュー